また腸脛靭帯炎になっちゃったので治るまでの経過を残す

六甲山を自転車で上っていたら、足に懐かしい痛みが…!

また「腸脛靭帯炎」になっちゃったみたいです。しかも前回とは違い今回は「右足」!せっかくなので治るまでの経過を残しておこうかなーと思います。

前回の記事
腸脛靭帯炎をやっとこさ治せた

スポンサーリンク

腸脛靭帯炎になった原因

前回、腸脛靭帯炎になった原因は「坂で立ち漕ぎ(ダンシング)をして足に変な負荷がかかった」からだったのですが今回も同じ!

お尻が痛いので、お尻を少し休ませるために坂で立ち漕ぎ(ダンシング)をした」のが原因ぽいです。

僕の場合、どんな理由であれ「立ち漕ぎをすると腸脛靭帯炎が発症する可能性が高くなる」みたいなので、もう立ち漕ぎはしないことを誓う…!

スポンサーリンク

腸脛靭帯炎を治す方法

前回同様、amazonで買った「フォームローラー」を使います。使い方は一緒。

  1. フォームローラーに腸脛靭帯炎の方の足を乗せる
  2. 膝の上からふともも上の方まで、ゆっくりフォームローラーを転がす
  3. これを10往復繰り返し!
  4. その後、もう一度フォームローラーを転がしていき痛い所を探す
  5. 痛いところがあったら、そこでフォームローラーを30~40秒ぐらい止める

もっと詳しい使い方は「前回の記事」にて!

腸脛靭帯炎が治るまで

それでは腸脛靭帯炎が治るまでどれぐらい掛かるのか経過を残しておこうと思います。

1日目

腸脛靭帯炎発症。

実はこの一週間前の六甲山サイクリングで”既に”痛めていた模様…。

帰ってきてからの症状

  • 右足が痛すぎて歩くことすら困難
  • 座って足を伸ばしていると痛みは感じないけど曲げると痛い

この日は無理にマッサージしたりせず、そのまま就寝。

2日目

朝と夕方にフォームローラーでマッサージ

  • フォームローラーに右足を乗せるだけで、めちゃくちゃ痛い
  • ゆっくり転がすのすら苦痛
  • 痛すぎるので、めちゃくちゃゆっくり足を転がす
  • フォームローラーが終わった後は足がスッキリしていて気持ちよさは感じる

朝よ~のために少し自転車に乗る

  • それほど距離を走っていないにも関わらず、痛みでペダルが回せなくなる
  • 痛すぎるので左足だけでペダルを回す

3日目

朝と夕方にフォームローラーでマッサージ

  • 痛みは少し和らいだ気がするけど、やっぱり痛い
  • 朝は痛かったけど夕方は随分痛みが少なくなった
  • 転がしてるときに特に痛みのひどい場所が3箇所あったけど、1箇所に減っていた

朝よ~のために少し自転車に乗る

  • 前日のように痛みでペダルが回せなくなることはなかった
  • ただ、右足にまだ変な違和感はあった

4日目

朝と夕方にフォームローラーでマッサージ

  • フォームローラーを使っても痛みを感じなくなった
  • 痛みはなく、肩こりをほぐしているように気持ちいい
  • こりの素みたいな特に気持ちのいい(痛みの)場所が1箇所だけになっていた

朝よ~のために少し自転車に乗る

  • 右足の違和感が消えた
  • 普段どおりに自転車を漕げた

5日目

朝と夕方にフォームローラーでマッサージ

  • 足を転がすのは気持ちいい
  • 自転車で少し長い距離を走ったからか痛みのある1箇所の痛さが少し大きくなった

朝よ~のために長めに自転車に乗る

  • いつもより長めに走ってみました
  • 痛みは出ないものの右膝の外側に違和感が出た

だいぶ治ってきたかと思いきや、このまま長時間走ってたら、また腸脛靭帯炎の痛みが出てくる可能性は高そう…。

6日目

朝と夕方にフォームローラーでマッサージ

  • まったく足が痛くなくなった
  • 痛みを感じる箇所もなし
  • ただただ気持ちいい

7日目

一週間フォームローラーでマッサージした治療の成果の見せ所!と「右足にサポーター」を付けて六甲山を走ってきました。

結果は玉砕。

まったく右足の腸脛靭帯炎は治っていませんでした。むしろ先週より痛みがひどくなっていた…。かなりショックでした。

今回のことで分かったこと

  • フォームローラー”のみ”じゃ腸脛靭帯炎は治らないのかもしれない
  • 傷んだ足をしっかり休めるため自転車は短時間でも乗らない

今後のために

  • フォームローラーに加えて、腸脛靭帯炎の予防ストレッチも行う
  • 完全に自転車に乗らない

こんな感じで、さらに一週間右足を休ませることにしました。ストレッチについては、以下のサイトの3種類を毎日やりました。

14日目

一週間しっかり足を休めて、フォームローラーとストレッチを続けたので、様子見に六甲山へ!

今回の結果

  • 右足に違和感と多少の痛みは出たものの、前回の六甲山のような致命的な痛みは出なかった
  • 腸脛靭帯炎特有の膝の外側の痛みではなく、膝の裏側や膝の皿側に痛みが出る(左足の腸脛靭帯炎が治り始めたときと同じ症状)

こんな感じで、治ってきているのを実感することができました!

引き続き、フォームローラーとストレッチを続けていきます。

2ヶ月後

腸脛靭帯炎が治り始めると、ついつい記事に追記するのを忘れてしまう…!

これまでと同じようにフォームローラーを繰り返しながら、六甲山を上って様子を見てきたので、まとめておこうと思います。

  • 1ヶ月後:日常生活上は足の痛みなし。ただ山を上ると痛みが出始める。でも痛み自体は弱くなってきている。
  • 1ヶ月半後:山を上っていても腸脛靭帯炎は起こらず、足の痛みが出ることもない。

こんな感じで右足の腸脛靭帯炎は治りました。

腸脛靭帯炎を治すために分かったこと

二回の腸脛靭帯炎で、自分の足の状態をチェックしてきましたが、分かったことがあります。

まず原因を探る

これが一番大事なことだと思います。

腸脛靭帯炎になった原因を探ってそれを潰しておかないと足は痛いままですし、せっかく治っても、また痛くなる…!僕の場合は、坂を上っているときの立ちこぎ(ダンシング)が腸脛靭帯炎の原因です。

なので、今後立ち漕ぎはしない…!

約1ヶ月半は何をしても治らない

二回の腸脛靭帯炎で分かったのは、これです。

僕の場合は原因を取り除きやすいから、余計に身体で実感できたんじゃないかなーと思うのですが、大体1ヶ月経過したところで、腸脛靭帯炎の痛みが弱くなったなと実感できるようになります。それまでは何をやっても腸脛靭帯炎の痛みは出るし痛い…!

そして1ヶ月半が経ったところで、やっと腸脛靭帯炎が出ることもなく普通に自転車に乗れるようになる。そんな感じなんと思います。

予防が大事

腸脛靭帯炎の症状が一度出てしまったら「どうやっても1ヶ月半は痛みが出る」ことが分かったので、症状が出ないようにフォームローラーやストレッチで予防をする。ひさしぶりに自転車で山を上るときには「サポーター」を付ける。

そんな感じで予防をするのが大事だなーと思いました。

おしまい

これが二度の腸脛靭帯炎で分かったことです。

もう腸脛靭帯炎にはなりたくない…!

3+

コメント

タイトルとURLをコピーしました