【自転車お遍路】高野山お礼参り編 2日目 高野山まで

今日は、ついに「高野山」を上ります!

スポンサーリンク

今日の予定ルート

実走したルート

出発

4時に出発するつもりが、目が覚めたのが4時半。

思ったより寝すぎてしまった。準備をして外に出たのが5時。

今日は「白装束」を身に纏う。

四国のお遍路以来だ。

外はまだ真っ暗。

「紀の川」に差し掛かったところ。

太陽はまだ見えないけど、すごくいい景色だった。

綺麗じゃ。

少し南下すれば「3号線」に。

さーここからは、ひたすら「高野山」へと東に走るのみ。

少し傾斜のある坂が出てきたけれど、それほどキツくもない。

「高野山」の看板が出ていた。

それにしても、自然がいっぱいで走っていて気持ちいい。

昨日は「大阪の街中」をずっと走っていたから

余計に自然に癒やされるのかもしれない。

でもあれですね。四国でもこういう道を走っていたら「同じ白装束を来たお遍路さん」をよく見かけていましたが、和歌山では一人もいないのが少し寂しいような気もします。

ちょっとずつ上っていく感じの坂なので、それほどキツくはないんだけれど

段々しんどくなってくる。

そして、いきなり傾斜のキツい坂が出てきた!

六甲山で言うなら「ハニー坂」っぽい感じ。

結構疲れた。

傾斜のきつい区間は長くはなかったものの、それでも結構疲れた!

ここからは下りみたい。

下っていくと、集落があった。

しばらくは山々の間を走っていく感じで、坂は落ち着く。

山間の集落を走るのも楽しい。

景色が良いんだ、ほんとに。

そして3号線が終わり「480号線」へ。

「高野16km」って書いてるけど、これが高野山までの距離なのかなー…まだ結構あるな。

トンネルだ!と身構えたけれど、中は綺麗で明るいし走りやすかった。

と思いきや、2本目のトンネルが暗いし歩道が狭いしで怖かった。

バイクが結構走るのでトンネル内に音が反響して、身体に音の振動が降りかかる。とてつもない爆音でめちゃくちゃ怖かった…やだやだ…。

トンネルを抜けると再び「高野山の看板」が。やっぱりさっきの看板に書かれていた「高野」は「高野山」のことだったっぽいな…まだ先は長い。

ここらへんから交通量が多くなって、ちょっと嫌な感じ。

大きな駐車場っぽいところ?を抜けると「高野山」まで一直線の上りが始まる!

ここの標高が400mなので一気に500mぐらい上るっぽい…気を引き締めなくては!

ただ、坂はそんなにキツくない。

六甲山でいうなら、再度山ルートの「再度公園から最高峰まで」の道ぐらい緩い傾斜で上りやすい。

ただ…めちゃくちゃ交通量が多い…!

そして、路肩も道幅も狭くて怖い!

さすが「世界遺産の高野山」ということで、バイクも車も引っ切りなしに走っていました。日曜日だったからっていうのもあるかもしれないけれど、朝8時でこの交通量はやばいなー…

そして「高野山」まであと一歩…!という所まで到着。

傾斜はキツくなかったけど距離があるので、なんだかんだ疲れました。

高野山

ということで「高野山」に到着!

大門前。

ここからは「高野山の街」を走っていきます。

というかお寺の場所ちゃんと調べてなかったんだけど、どこだろう…。

とりあえず進んでいくと

なんかそれっぽい大きなお寺があったので寄ってみる。

駐車場に自転車用のサイクルラックがあった。

金剛峯寺

金剛峯寺。

なんか立ち寄っている人も多いので、とりあえず入ってみる。

大きな山門。

本堂も大きかった。

納め札入れもあるので、やっぱりここでよかったっぽいかな?

御朱印を貰いに建物内へ。

無事に御朱印を貰えたんですけど、受付の方に「奥之院の裏に押させていただきますねー」と言われる。あれ…やっぱり間違えてたぽい…正しくは「奥之院」に行くべきだったのか!

場所がわからないので受付の方に聞いてみると、ここからさらに2kmほど西に走ったところらしい。

結構広いんだなー…高野山。

外に出たら雨が降っていた。

今日は天気予報じゃ晴れだったのになー…さすが山の上だ。霧雨だったので気にせず走る。

それにしても高野山は結構栄えている!

銀行はあるし、コンビニはあるし、なんでもある。

まあ世界遺産だもんなー…

奥之院

ということで「奥之院」っぽいところに到着。

横の看板に「奥之院参道入口」と書いてるので、間違いないはず。

ここの参道は凄かった…!

木々が大きくて立派なのもそうだけど、両脇にあるお墓も立派。

「慰霊碑」も多かったけど「企業のお墓?」も多いみたい。中には「個人のお墓」もあったけど、めちゃくちゃお金持ちのお墓なんだろうなー…

この木々のデカさよ…!

四国でも大きな木に心惹かれたけれど、高野山はやっぱりレベルが違うなーと思いました。

両脇にあるお墓や遺物も何というか、もう自然と一体化しちゃってます。

素晴らしい…。

休憩所と納経所を発見。

お参りのあとに、ここで御朱印を貰えるっぽい。

ということで、あそこが弘法大師様が今も修行されている「奥之院」らしい。

写真撮影ができるのはココまでみたい。

ここから先は「写真撮影も駄目だし、歩きスマホもだめ、帽子も脱がなきゃだめ」と厳しいルールがあるようでした。

お参りも済んで、御朱印をゲット!

納経所の方に「満願ですね。おめでとうございます」と声をかけていただいて嬉しかった。そうだ。これで僕のお遍路もようやく満願なのだ。

お腹が空いたので「奥之院の参道入り口の横にあるお店」でラーメンを食べる。

和風ラーメンであっさりしてたけど、優しい味で美味しかった。

「さーもう帰るかー」と思ったんですが、さっきから降り続いている霧雨が結構強い雨になって来ていたので、しばらく雨宿り。

しばらくしたら少し弱まってきたので「高野山」を後にします。

ほんとに栄えているなー…

そして頑張って上ってきた道を下っていく。

気持ちいいー

途中の分岐点へ。

ここの左側が今日来た道。帰りは真っ直ぐ進みます。

この道は「和歌山の橋本市」に出る道みたい。

「大阪の河内長野」の方から来られる道なので、高野山行きのルートの一つとして事前に調べていたんですが、やっぱり僕が走ってきた「和歌山の岩出市からの道」と比べると、結構傾斜もキツそうでしんどそうな道でした。

ささーっと駆け下りていく。

こっちのルートも景色が素晴らしい。

ということで「橋本市」に到着!

「河内長野まで19km」「大阪まで50km」という看板を見て、うんざりする…。

ここから坂を上っていって「和歌山と大阪の県境の山」を越える感じなんですが

なんだかもうだめだ…!久しぶりに体力が空っぽになってしまいました。

自転車に乗ってて体力が尽きたのは凄く久しぶりな気がする。とりあえず県境にあるトンネルに入る前に休憩して、補給食のスナックパンを齧りながら体力を回復する。

しばらく休憩して「えっちらおっちら」と坂を上っていくと

「河内長野」へのトンネルに到着。

「紀見トンネル」っていうみたい。全長1453m…長いな!

ここのトンネルなんですが、めちゃくちゃ怖かったです…!

まず歩道が狭い。そして歩道にも凸凹がある。古いトンネルだから真っ暗で見づらいし、何より交通量がめちゃくちゃ多いので、右に倒れようもんなら即死!

それを1400m…ずーっと緊張しながら走らなきゃ行けなかったので、めちゃくちゃしんどかったです…。

なんとかトンネルを抜け出してホッとする。もうこのトンネルは二度と通りたくない!

さて、ここからは「371号線」をひたすら走って、今日の宿泊地まで向かうだけなのですが

この道もまた走りにくい!

交通量が多くて、しんどかったです…。

なんとかかんとか宿泊地の近くまで来たので、初めて「大阪王将」に立ち寄る。

王将といえば「こってりラーメン」ですけど、大阪王将の推しは「あっさり系のラーメン」なんですね。美味しかった!

今日も無事に宿泊地に到着。

ここでゆっくりして、早朝の車が少ない時間に出発し、家まで帰ろうと思います。

おしまい

ということで、無事に「高野山」まで辿り着くことができました!

いやー「高野山を自転車で上るのはキツい」と聞いていたので、ちゃんと辿り着けるのか不安だったのですが、なんとか走りきれて良かったです。

イメージ的には六甲山で例えると

  • 宝塚市から有馬街道を走り、舩坂まで行く
  • 82号線のハニー坂を上り、逆瀬川ルートに合流
  • そこから再度公園から六甲山最高峰まで走る

こんな感じかなーと思いました。

ただ、僕が走った「和歌山県の岩出市から向かう県道3号線のルート」は、高野山へ向かう道の中でも、楽に上れるルートなんじゃないかなーと思います。

四国お遍路の八十八ヶ所巡礼が終わった後にフェリーで和歌山に行き、そのまま高野山を目指す場合でも、このルートは走りやすくて良いんじゃないかなーと思います。もっと楽な道も他にあるかもですが!

でもパニアバッグとかキャンプ道具を積んだまま走るのは、やっぱり結構しんどいかも…。今回は少し荷物を積んで走っていましたが、それでも5kgぐらい。キャンプ道具など20kgほど積んで走ることを考えると…やばいだろうなーと!
改めて今回身軽な装備で行って良かったなーと思いました。

ではでは、これにて無事にお遍路も満願!わっしょい!

おまけ:帰路

夜中の1時に「快活CLUB」を出発し、朝の4時半に無事帰宅することができました。

やっぱり都会を走り抜けるときは、真夜中の交通量が少ない時間に限る!

前回

コメント

タイトルとURLをコピーしました