【自転車お遍路】22日目 86番~88番

さよなら、四国。

スポンサーリンク

今日の予定ルート

起床

昨日の休息日に随分と寝たせいか、1時間おきに目が覚めてしまう…それでも、なんとか頑張って4時まで寝た。よく寝た。

外に出ると、昨日の雨が嘘のように晴れていた。

この朝の空を見ると、昨日を休息日にして一日待機して、ほんとによかったなーと思いました。

5時に出発したし、お寺には随分余裕をもって到着することができる。

ほら、6時半に着いちゃった。納経所の受付が7時からだから、30分ぐらいあるし、ゆっくりお参りをしよう…と、お寺の中に向かおうとしたとき、ふと看板が目に入る。

ん…?87番札所……あれ、88番でお遍路が最後だから、87番ってことは、その一個前…?今日はお寺を3つ巡る予定なのに……… !!!!!!!!

そう、僕は最終日に、ついにやってしまったのだ。

間違えて、86番のお寺を飛ばしてしまった…!漫画喫茶からお寺に近いルートを改めて調べて、ルート表示させていたんだけど、それが仇となってしまった…!

と、そんな夢を見たのだ。

八十六番札所 志度寺


まさか、八十七番札所の景色が夢の中に出てくるなんてなー…

86番と87番が近いお寺で、ほんとうに良かった…

八十六番の境内の中は、街中のお寺であるのに木々に覆われていて、ちょっとした緑の迷路のようになっていた。

迷路をさまよい本堂と太子堂を見つけて、お参り。

無事に御朱印をゲット。

そして、来た道を戻っ……進んで、

八十七番札所 長尾寺

八十七番に到着。初めて見るお寺だけど、素敵なお寺だった。うん。

御朱印をゲット!さあ、ついに残すお寺は、ひとつとなってしまった。

八十八番は、山の中にある。

どれぐらいの標高なのか、

どれぐらいの勾配の坂なのか、調べてないから分からないけど、とにかく走る。

最初は、緩い勾配をゆっくりゆっくり上っていく。

前山おへんろ交流サロン

と、ここで道の駅に到着。ここには「前山おへんろ交流サロン」がある。

中には、お遍路の歴史資料館?もあったりして、お遍路の歴史や、貴重そうなお遍路関連品の数々がたくさん展示されていた。

そして、お接待コーナーもある。水もお茶もいただけるし、お菓子までいただける。

そして、そこにいる係の人?に任命書の申請書をいただき、それを渡すと、

自転車遍路大使任命書がいただける!

歩きお遍路さん用と、自転車お遍路さん用があるらしい。まだ、結願まえだけど、問題なくいただけた。こうやって認定して貰えるのは、なんだか嬉しい。

じゃあ、道の駅を後にして、最後のお寺へ進もう。この道を「結願の道」というらしい。

この道を走ってみて思ったけれど、

結願の道、とは良く言ったもので、

しんどすぎず、軽すぎない上り坂が、ずーっと続くので、

その間に、これまでのお遍路を一日一日思い返しながらペダルを回すのに、

ちょうどよかった。距離も長い。

でも、ずっと上り坂が続くわけではなく、下り坂があったり平坦な道もある。

お寺まで、もう少し、というところで、急に坂の勾配がキツめになる。

でも、これもまたいい。いままで乗り越えてきた、数々のしんどい坂を思い出しながら、気合を入れてペダルを漕ぐことができる。

見、見えてきた…!

八十八番札所 大窪寺

ということで、ついに最後のお寺、八十八番に到着。

いままでで一番大きいんじゃないかってぐらい大きい山門。

境内もお寺も立派だった。本堂をお参りして、

太子堂をお参りし、

納経所へ。

そして、八十八番、お遍路最後の御朱印をいただいた。

でも、なんというか正直、お寺に向かい、お参りし、御朱印をいただくという流れが染み付きすぎてしまったのか、これで終わりなんだという実感がまったくなく、単に新しいお寺にお参りし、御朱印をいただいたというような感じしか受けなかった。

納経帳の八十八番の次のページには、こう書かれている。

お礼参りに、一番初めにお参りしたお寺にお礼参りにいけと。

もちろん行く!でも、その前にご飯を食べておこう。

すごく感じの良いおじさまと、おばあさまが営んでいらっしゃる、お店だった。

お茶とお菓子をいただく。

親子丼おいしかった。

さあ、お腹もいっぱいになったことだし、いざ徳島県最初のお寺、霊山寺へ!

坂をちょっと下れば、すぐに徳島県に入った。すごく久しぶりの徳島県。

道は基本ずっと下りなので、すごく楽だった。

下りが終わり、徳島の街に入ったあたりで、十番札所の看板を見かける。

十番…!懐かしい…、数字の若さに凄く懐かしさを感じる。

こんな道、通ったなーとか、

あ、あの看板見た覚えがあるなーなんて思いながら走る。

でも、正直逆方向を走っているので、ここを走ったのかどうなのか、正確にはあんまり思い出せない。

それにしても、遠い…!1番ってこんなに遠かったのか…!というぐらい遠いのだ…

初日に1番から11番まで駆け抜けたけど、お寺をお参りせずにただ、横方向に一番を目指すだけでも随分遠かったんだなー…と驚いた。

一番札所 霊山寺

そして、ついに一番札所に到着!さすがに、この山門を見たときは嬉しかった。

お遍路さんになった初日、まだお参りの仕方も分からず、心の中で焦りながら、そして、間違えて太子堂からお参りしてしまったあの日。

本堂に入り、お参りをする。でも、見える景色が違う。あのときは、相当緊張もしていたのか、浮ついていたのか、本堂の景観もちゃんと見ることができてなかったんだなーと気づく。

そして、太子堂へ。

これが、ほんとうに最後の読経になる。しっかりとお参りをさせていただき、

一礼し振り返ったところで、なんだかすごくホッとした。

お遍路を終えた達成感…と、いうよりは、満足感。そして、無事に終えることが出来たんだという安心感。とにかく、充実した気持ちに満たされた。

お遍路用品を買い揃えた、総合案内所に向かい、

お礼参りの御朱印をいただく。お遍路の御朱印では日付は書かなかったけれど、お礼参りの御朱印では日付を書いていただけた。

令和元年の日付。すごく嬉しい。

そして、結願のお祝い?なのか数珠をくださった。

終わった…これで僕のお遍路は終わったのだ。

まあ、細かくいうなら、まだ和歌山の高野山に行かなくてはいけないのだけれども、それでも四国でやりたかったこと、やらなくてはいけなかったことは、すべて終わった。

あとは、帰るだけだ。徳島の高速バス乗り場へと向かう。

高速バス乗り場は、それほど、遠くはなかった。自転車を輪行し、

高速バスに乗る。自転車はトランクに入れてもらえた。

予想外に乗客がいっぱいで、途中通る淡路島の写真も撮れずに、あっという間に神戸へ。

無事に自転車の組み立ても終わる。

お遍路の白衣は来たままだったので、「お遍路行くんですか?」とサラリーマンの方に声をかけていただけたりしながら、

戻ってきた神戸の街を走る。やっぱり都会はすごい。人が多いし、車が多い…!

あと、信号多すぎ…!

そして、無事に地元へと帰ってくることができた。

家に帰るまでがお遍路。自分の中で最後の札所は家なんだという気持ちで、気を抜かずに走り、無事に事故も怪我もなく帰ってくることができた。

おしまい

そんなこんなで、無事に四国八十八箇所を周りきり結願。そして一番札所へのお礼参りをすることもできました。

正直、あっという間に過ぎていった20日でした。お遍路中いろいろありましたが、一言で言うなら「楽しさしかなかった」。

ほんとうに自転車お遍路は楽しかった。

帰宅して、ご飯を食べて、少しゆっくりして、外に出て近所のコンビニまで歩いてみたんですが、この20日間が何も無かったかのような感じ、あまりの今まで通りっぷりに、ちょっと自分でも驚きました。

それぐらい、四国という場所の雰囲気、人柄、そしてお遍路が現実離れしていたのかなーと思います。

でも、いくらお遍路が幻だったかのように思えたとしても、僕は間違いなく自転車でお遍路を周りきれた。そして、自転車で四国を一周することができた。
僕がお遍路をしたい理由は、「自転車でお遍路を周りきったという事実が欲しい」でしたが、間違いなく、それを達成することができました。

そして、その事実はもう僕が死ぬまで一生消えることはないし、たとえ僕が死んだとしても、令和元年の5月に僕が自転車でお遍路を周りきったという事実は消えない。

やっぱり、それだけで、ほんとうに満足だなーと思えました。

やっぱり、行ってよかった。自転車お遍路。

使ったお金

  • 納経料:1,200円
  • 食費:738円
  • 交通費:3,100円
  • 【合計】5,038円

前の日

コメント

タイトルとURLをコピーしました