【自転車お遍路】05日目 20番~23番

旅に必要なものが分かった日。

スポンサーリンク

今日の予定ルート

起床

2時頃に目が覚める。パリピご家族の寝息が聞こえる。そう、テント同士が近いからだ。このままじゃ明け方にテントの撤収作業がしにくい…!なので、静かに静かにテントの移動をすることにした。

出来る限り静かにテント内の荷物を遠くの場所まで移動。最後にペグを抜いてテントをそのまま移動させてきた。

もうパリピご家族の寝息も聞こえない距離。これなら明け方に撤収作業をしても音で迷惑をかけてしまうことはないだろう。

お湯を沸かして持ってきていたインスタントコーヒーを作った。コーヒーって飲むとなんでこんなに落ち着くんだろうか。

今日の朝ごはん。

明け方。5時前ぐらい。そろそろ撤収作業を開始する。

5月は日の出が早くて、ほんとによかった。

撤収作業をしていると声をかけられる。昨日ちらっとだけ顔を合わせたのだけど、バイクで日本一周をされている方だった。福岡からバイクで出発し今日で12日目とのこと。日本一周はすごい…!素直に感心する。

12日目だけど、しんどくもあって、もうやめたろかなって思うこともある、と彼は言っていた。

5時20分ぐらい。無事に撤収作業が終了。なんだかんだで時間がかかってしまった。

昨日、モバイルバッテリーが一個電池切れになったので、今日はソーラーパネルの力に期待。

入口前にバイクが2台停まっている。1台は、さっきの日本一周をしている方、もう一台は、バイクでお遍路をされている方。

そんなこんなで、前川キャンプ場を出発。

ほんとうに良いキャンプ場だった。無料キャンプ場とは思えない…!

朝日に照らされる街なかを抜け、

昨日のリベンジを開始する。

二十番へは車道で5km、歩き遍路なら3km。ここの歩き遍路道はどんな感じなんだろう。

昨日は日差しがキツすぎて、それだけで体力がスリップダメージのように奪われていたけれど、早朝なら坂のしんどさだけ。

でもやっぱり、この坂はキツい…!道路は、こんな感じで荒れているところも多い。

自転車を降りて押さないと、倒れるなこれ…!という坂があった。

そして、昨日引き返したところまで、なんとか来られた。

ここからは未知の領域。

ほんとうにキツい。確実に12番の焼山寺までの道よりもキツい…

たぶん勾配がとんでもないところがあるんだろうなー…

なんとかキツさのピークみたいな坂は乗り越えられたみたいで、少し道が平坦になる。これだけで天国のように思えた。

そして、20番と21番の分かれ道に到着。20番へは、あと2km…!

ここからの道は鶴峠というみたい。最初は、さっきの坂道の方がしんどかったな、と思っていたけれど、そんなことはぜんぜんない…!ここからも同じぐらいキツい…

道の途中にベンチがあって、喜んで自転車から降りて座る。ここにベンチを置いてくれた人は神。

僕は普段、自転車で坂を上るときは写真をとき以外に殆ど足をつかない。休憩もしない。でも、麓からここまでの坂は自転車を降りて押して行かないと厳しいところが3箇所、休憩も2〜3回はしないと無理だった。

普段、坂もただ単純に左ばかり走るんだけれど、左カーブの時は傾斜のゆるい右側を走って左に抜ける…とか、なんとか上れる方法のすべてを使わなきゃ、この坂はほんとうに無理だった。

二十番札所 鶴林寺

そして、やっとの思いで20番の山門に到着。こんなしんどい5kmは初めてだった…!

駐車場に自転車を停めて、山門まで歩いてくるのだけれど、この山門が見えたときは、ほんとうに嬉しかった。

境内の中も素敵。

ここにも大きな木がたくさんある。

ご本堂。

ご本堂の横に三重塔?があった。

そして、無事に御朱印もいただけた…!

納経の係の方に「今日はお釈迦様のお誕生日だから甘茶をどうぞ」と勧められる。飲んでみたら甘ーいお茶だった。疲れた体に甘さが染み渡る…!「自転車で回ってるの?」と聞かれたので、そのとおりだと答えたら、次の21番への行き方について丁寧にいろいろと教えてくださった。

係の人がいうおすすめのコースは、ロープーウェイには乗らず、その横の橋をしばらく自転車で進み、そこから徒歩お遍路で往復したほうがいいとのこと。というのもロープーウェイを片道使っても、下りの道が荒れていて4kmほど自転車を押していかなければならないから、ということみたい。

感謝の言葉を述べて立ち去る。

でも、やっぱり僕はロープーウェイを使います…!

上りが辛かった分、帰りは天国。

一瞬で、さっきの分岐まで帰ってきた。ここからも下り。

ここの下り道が、すごく気持ちよかった。道も荒れていないし、走りやすい。

ここからは、しばらく川の横を走る。

もうなんというか、

景色が素晴らしすぎて、

「なんなんだいったい…」って言葉しか出てこなかった。

なんなんだいったい、この素晴らしすぎる自然は…

ロープーウェイ

そんなこんなで、21番の麓のロープーウェイ乗り場に到着。予定通りロープーウェイを使う。

建物のなかは結構広かった。このまま自転車で入っていいみたい。

お遍路用品の売店なんかもある。

ロープーウェイの受付の方に、自転車お遍路だと伝えると、境内の地図とともに分かりやすく駐輪する場所や、ルートなんかを教えてもらえた。ありがてえ…

お遍路洋品店の中で売っていた遍路Tシャツ。こんなのもあるのか…

時間が来たので、ロープーウェイに乗り込む。110人が乗れるらしい。でかい。

発車すると結構スピードが早い…!

いい眺め。隣にご高齢のお遍路さんご夫婦がいらっしゃったんだけど、お二人共高いところが苦手だということで、椅子にすわることもできず、床に座っていた。その気持ちがめちゃくちゃ分かるほどに、結構怖い…!

旦那さんのほうが気を紛らわせたいのか、僕にずっと話しかけてきてくださる。

高ぇ…!高ぇよ…!

支柱?を通りますので揺れまーす、というガイドさんの案内。確かにめっちゃ揺れた。遊園地のアトラクションぽかった。

そんな支柱もあっという間に小さくなる。そりゃこんな距離、こんな高さのお寺、自転車で行こうとしたら、めちゃんこしんどいよ…

ロープーウェイで来てよかった。

ロープーウェイの下り口の隣に売店があり、そこに自転車を置いていく。

二十一番札所 太龍寺

さすが、西の高野山と呼ばれるだけあって、お寺が素晴らしかった。

なにもかもが、いままでのお寺よりも大きい。

そして立派。こちらは、ご本堂。

太子堂も素晴らしい。まさに霊験あらたかといった感じ。

御朱印も無事にいただく。

真ん中に見える、あの岩の上で弘法大師さまは修行をされていたらしい。

ということで、境内を自転車を押して歩き、

仁王門を目指す。

無事に到着。

ここから下っていくわけだけど、

噂通り、路面はめちゃくちゃ荒れている。

ほとんど、こんな感じだし、カーブの先は崖なので、

とてもじゃないけど、自転車に乗って降りるのは無理…!

マウンテンバイクなら行けるのかもしれないけど…

20kgの荷物を載せた自転車じゃ無理だ。少し平坦なところに出てホッとする。

ここからは少しだけ道がマシになるんだけれど、

気を抜くとやっぱり、こういうボコボコ道は出てくる。

なんとか普通の道路にまで出られてホッとする。

ひたすら進む。

道の駅わじき

道の駅が合ったので立ち寄る。大体10時ぐらいだったけど、もうお昼を食べてしまう。ここらへんからは、ほんとにコンビニどころか、お店がどこにも見当たらない…!

カレーは手軽に高カロリーを取れてありがたい。500円。安い。

昼に近くなり、また今日も日差しが強くなってきた。

トンネルを抜けたりしながら、

ひたすら22番を目指す。

二十二番札所 平等寺

二十二番に到着!雰囲気なのか、なんなのか、なんとなく一番から十番のお寺の雰囲気に似ているような気がして、なんだか懐かしい気持ちになった。

カラフルなお寺。

御朱印をゲット。納経所の方に「1時間半ぐらい時間ない?」と聞かれる。なんだろうと思ったら、毎週第二日曜日は12時からお昼ごはんのお接待をしているとのこと。お誘いはめちゃくちゃありがたかったんだけど、今日予定している宿泊地がここから結構遠いので、「先を急がなきゃいけないので…!」とお断りした。

30分ぐらいだったら待ったんだけどな…

と、自転車に乗る準備をしていると「追いつきましたー」と声をかけられる。なんと前川キャンプ場で出会ったバイクでお遍路さんをしている方だった。「おおお!」と嬉しくなった。お話を聞くと、今日はこのあと室戸岬まで行くとのこと。僕が室戸岬まで行くのは明後日の予定なので、「じゃあ先に行ってしまうんですねー…」と話をし、別れた。

これでたぶんもう、このバイクお遍路さんと再び出会うことは無いんだろうなーと思うと、なんだか悲しくなった。

でも同じように、僕が自転車で歩きお遍路を抜くと、たぶんもうその歩きお遍路さんとは、もう出会うこともない。いろんな人がいろんなタイミングで旅をしているわけで、そのタイミングの中で、奇跡的に出会えたのが、今回の旅で出会った人なんだろうなーと、そんなことを考える。

田んぼ道を超え、

山道を超え、

トンネルを抜ける。

ここらへんにきて、左足の膝が痛くなる…坂道を上るのが辛い。腸脛靭帯炎ではなくて、膝の内側が痛い。触ってみると、どうも筋肉痛っぽい痛みだから、疲れから来てるんじゃないかなーって思う。

お遍路小屋で少し休ませてもらうことに。

実は昨日辺りからこの、

左膝に違和感は出始めていたんですが、今日の20番の坂のしんどさで、

ついに痛みに変わっちゃったのかなー…

カニに注意。

まあでも、腸脛靭帯炎みたいに電気が走るような痛みが出るわけじゃないので、

走れることは走れる。柵のない電車。

そして、ここで海が見えた…!海を見るのは初日以来だったので、凄く嬉しかったです。

港町だ。

海の景色もすばらしい。

ここからは小さな山道に入っていく。

ずっと坂道ではあるのですが、

ほんとに、ゆるーいゆるーい傾斜なので、痛めた膝でも問題なく走っていける。

なんだかんだ、結構な高さまで上ってきていたみたい。

道路脇に俳句が並んでる。

高い木の間をすり抜け、

恵比須浜キャンプ場

今日の宿泊予定地の恵比須浜キャンプ場に到着!

綺麗な海が目の前。

テントサイトはあっちかな?

これは僕のことだろうか…

さくっとテントを設営。身軽になったし、このまま明日回る予定の23番を先に回りに行っちゃおうと準備。23番までは大体6kmぐらい。

と、ここでちょうどキャンプ場に到着したおじさまに「今日僕も泊まるんですわ。どうぞよろしくー」と声をかけられる。60歳を超えていらっしゃる大阪住まいの方だった。

このおじさま、自転車は5台ぐらい持っていて、日本だけじゃなく台湾や中国なんかも走ったりしてる凄い方だった。台湾のことや、日本だとしまなみ海道のこととか、めちゃくちゃ興味深い話ばかり聞かせてくださるので、ついつい話が盛り上がり、気がついたら1時間半も話し込んでいた…

次のお寺を打ってきます!とお伝えし、急いで23番に向かう。

23番までは海沿いを進む。

二十三番札所 薬王寺

やっぱり、それほど遠くなく二十三番に到着。

立派なお寺だった。

実はこの薬王寺が徳島県のお遍路で最後のお寺。

次は、もう高知県に入る。

御朱印をいただく。これで徳島県のお遍路のお寺はすべて巡れた。

ここから、キャンプ場に戻るわけだけど、なんだか急に凄い疲れた。エネルギー切れだ。コンビニで今晩のご飯とともに、急速充電できるものを買って食べる。

頑張って戻ろう。と、ヘロヘロになりながらキャンプ場まで戻ってきた。

戻ってきてから少しおじさまと話をして、自分のテントに戻る。あまりに疲れていて、そのまま倒れこんで寝てしまった。

1時間後に目を覚ます。ここのキャンプ場にはコインシャワーあるということで使う。よく考えたら3日ぶりのシャワーだ… めちゃくちゃ気持ちよかった。

夕方の海も綺麗。

そして、テントに戻り、今日の晩ごはんを食べる。

おしまい

そんなこんなで、ついに徳島県のお遍路のお寺を回り切ることが出来ました。なんとなくもう徳島県が終わってしまったという寂しさを感じます。旅を初めて6日目ですが、空気の澄んだ徳島県を自転車で走っていると、楽しくて楽しくて、このまま旅が終わらずにずっと続けばいいのになーって毎朝思います。

ただ、今日の終盤、23番からキャンプ場に戻るときに思ったんですが、疲れが溜まってきているせいなのか、毎日疲労の限界まで走ってしまっているなーと…疲れきって、一度テントで眠らないと何もできなくなってしまう。

旅に大事なものって、余裕なんじゃないかなーって今日は思いました。なんだかんだで、ここ数日余裕がない旅になってきてしまっているような気がする。余裕がないと景色を楽しむ余裕も、写真を撮る余裕も、人と会話する余裕もなくなってしまう。

一応、余裕のあるスケジュールを組んできたつもりなんですが、結構思い通りにいかないトラブルなんかも多くて、どこかで一日ぐらい動かずに休む、休息日なんかを設けたほうがいいのかなーと思いました。

明日は室戸岬まで80kmほど走らなきゃいけない日なので、いろいろと考えちゃいました。自転車のトラブルや、膝のトラブルがなければなー…

使ったお金

  • 納経料:1,200円
  • 食費:1,995円
  • 宿泊費:600円
  • 入浴費:100円(コインシャワー)
  • 交通費:1,300円
  • お遍路用品費:500円
  • 【合計】5,695円

前の日

次の日

コメント

タイトルとURLをコピーしました