【自転車お遍路】04日目 18番~19番

トラブル発生!思い通りにはいかない日。

スポンサーリンク

今日の予定ルート

  • 国道55号線を走る
  • 18番~19番を打つ
  • 宿泊地まで走る

起床

3時に起床。よく寝た。

起きて荷物の整理をしていると、自転車のフロントライトが無い…!あれ1万円超えるのに!

急いで荷物をひっくり返して探しまくるけど見つからない…。忘れ物とか絶対する可能性ありそうだから気をつけてたのになー…と諦めかけていたところ、ヒップバッグの小物入れから出てきました…ここか!

ほんとによかった…。

安心したので、朝のソフトクリームパーティーを開始する。

空き時間ができたらできるだけ「納め札」を書く。

書いても書いても消費されていくんだ…。

出発

入店時間が16時55分だったので、12時間パックの料金で済むように4時45分ぐらいに外に出た。

やっぱり快活CLUBは最高だった。

無線LANも問題なく繋がり、ソフトクリームも食べ放題なのは最高すぎる。

次のお寺までは、10kmぐらい。

時間はたっぷりあるし…休息日だし…とダラダラ時間をかけて荷物を積む。

早朝の国道を走る。

徳島の国道は結構車が多いので、こうやって早朝に走るのがいいですねー

朝日が綺麗だった。

途中にローソンがあったので朝ごはんを食べる。

今日はダラダラ行くんだ。

お店も徐々に少なくなり始める。

僕は街中よりも、こういう自然いっぱいの景色のほうが好き。

それにしても、四国の早朝は本当に空気が澄んでいて、めちゃくちゃ気持ちいいです。旅も4日目になりましたが自転車旅って本当に楽しい。

やっと国道を逸れ、のどけき道に入っていく。

次のお寺は、少し山のなかにあるっぽいので、

多少は坂があるのかなー

距離は短いけど、お寺の駐車場手前の坂が結構キツかった…!

十八番札所 恩山寺

そんなこんなで十八番に到着。

早くに出発したので、納経受付開始の7時まで少し待たなきゃいけないかなーと思っていたんですが、相当ダラダラしたせいか、ちょうどいい時間になっていた。

山の上の素敵なお寺でした。

御朱印をゲット。

続くお寺も結構近く。

十九番札所 立江寺

やっぱりすぐ着いちゃいました。

立派なご本堂。

太子堂でお参りをしていると、たぶん近隣住民っぽい方に声をかけられる。最初はこのお寺のお話を聞かせてくださっていたんですが「お寺の材木の話」になったり「お寺の火事の話」になったり…合間を見てお経を唱えるんですが、読経中にも声をかけてきてくださるから読経を止めて「は、はい」と返事をしなくてはならない…!

最初はタメになるお話で良かったんですが、なぜか途中から「そろばん3級を持っている話」になったり「飛行機のジェットの話」になったり…一息ついたところを見計らって「お話できて嬉しかったです」とお伝えして、お別れしました。

感じの悪い方では全然なかったです。

御朱印をゲット。ここまでで一番筆の速い人だった…。

納経帳を渡してお姿を手にとった瞬間「はい、どうぞ」と納経帳を返されて、あまりの早さにびっくりした。

プロだな…。

今日予定していたお寺は、これで終わり。

時刻は9時ぐらい。めちゃくちゃ早く打ち終わってしまった。

道路脇に大きくて立派な木が立っていた。

徳島はこういう大きな木が多くて、つい見惚れてしまう。

軽い峠道を超えたりしながら、

宿泊予定のキャンプ場をダラダラと目指す。

急に「ピキーン」って音がする。

なんだか嫌な感じの音だったので自転車を止めてよく見てみると…後輪のスポークが折れてる…!

マジかよー…この旅はじめての自転車トラブルだ!スポークって一本折れたら次々折れていくって聞くし、しかも荷物を載せまくってる後輪だからポッキポキ折れていきそうで怖い。

そうなったらリムも変形しそうだし…やべえ!と焦る。

とりあえずGoogleマップで自転車屋さんを検索したら、なんと目の前が自転車屋さんだった。

奇跡すぎる…!立ち寄らせてもらうと相当ご年配ぽいご主人が出てくる。スポークが折れたことを伝えて見てもらうけど、この型のスポークは無いからどうしようもできないとのこと。

「まあ、大丈夫だと思うよ。周りのスポークも折れていくかもしれないけど」それが怖いよ…!と思いつつ、朝も9時から自転車を見てもらえたことに感謝を伝えて立ち去る。

とりあえずキャンプ場まではもう少しだし、すぐには折れまくらないだろうから、このまま進もうと決める。

キャンプ場の近く。

自然が雄大…!

こんなところでキャンプしていいの…?

しかも、受付不要の無料キャンプ場なのに…。

前川キャンプ場

入り口に注意事項が書いてあった。

川の側は河川敷が広くて、テントも張りやすそう。

でも、川が近いとテッポウ水が怖いので、東屋に近い木陰にテントを張ることにしました。

川が凄く綺麗。

水場もバーベーキューできるところもある。

バーベキューできるところは、こんな感じ。

奥の2つの建物は、

事務所?っぽいところと、

シャワー室。

そしてトイレ!

無料キャンプ場なのに結構綺麗でした。

さくっとテントを設営。これで荷物を下ろすことができる…。

入り口に鍵を付けて、

一番霊山寺で買った「弘法大師様のお守りキーホルダー」をテントの外側に付ける!

これで留守にしても中を漁ろうとする人はいないだろう…弘法大師様も守ってくださるだろうし!

いろいろ考えたんですが、スポークが折れたままの自転車で走るのは怖い!

今後は室戸岬の方に走るのですが大きな街がなくなってくる。そうなるとスポークが折れまくったときにやばい…!ということで、ここに荷物を置いて徳島市内に一旦戻ることにしました。

街まで戻れば「サイクルベースあさひ」があるから何とかなるはず。

引き返す

いざ、身軽装備で出発。

そして、僕は勘違いをしていたことに気付く。

「サイクルベースあさひ」がある場所を、

今日打ってきた18番と19番の間あたりに合ったと思っていたんですが、

実際は、昨日泊まっていた快活CLUBの近く…!

つまり、今日走ったところを丸々もう一度走らなきゃいけないんですよね…。

途中、地図で「サイクルベースあさひ」の場所を調べたときに絶望…!

でも、なんとかかんとか戻ってきました。疲れた!同じ道を走るのはしんどい…!

店員さんにスポークが折れた経緯を説明して交換をお願いする。直るまで店内をブラブラ。

無事にスポークの交換完了!ついでに空気も入れてもらいました。

また戻ることを考えると気が重いけど、ひとまず無事に直ってよかった…。

また同じ道かー…

この景色は朝見た。これも朝見たよ…とうんざりしながら走る。往復で60kmぐらい走りました。

話は変わりますが、行き帰りに歩きお遍路さんをよく見かけました。1番〜11番まではあまり見かけず車お遍路さんのほうが多い印象だったんですが、ここらへんのお寺はお遍路道がないから良く見かけるのかなー

なんとかキャンプ場近くまで戻ってきて、道の駅でギブアップ。

時刻は13時半ぐらい。お腹も空いた!

予定ではキャンプ場でご飯をゆっくり食べる予定だったのになー…

道の駅のおうどん屋さんに入る。

食券制だし…と勝手な決め付けで全く期待していなかったんですが、うどんは手打ちでコシがありモッチモチで凄く美味しい。

これで天ざるうどんが500円、おにぎり2個で200円は安い!

お腹も満たして、少し休憩もした。

このままキャンプ場に帰るのは、なんだか悔しい。

なので、明日朝イチで打つ予定のお寺を先に攻略しちゃうことに。

みかんの直売をちょくちょく見かけるようになった。

甘夏100円。安い。

山の中にあるけど、地図で見ると距離も短そうだし何とかなるだろと思って進んでいたんですが、

なんかめっちゃしんどい…!

坂がキツい…!そして道が荒れている…!難所だった12番焼山寺の坂よりもキツかったです。というか今日この道を進んで20番を打っても、明日の朝に同じ道を通らなきゃ21番に行けないんだよな…と考えると絶望。

ほんとにキツい坂でした。

なにより今日は日差しがきつくて、持ってきていた水もほぼ無くなりかけ。塩タブレットもテントに置いて来ちゃっていて補給もできない…!

このまま進んでも有馬温泉のときみたいに熱中症で動けなくなってしまいそうな気がしたので、ちょうど半分ぐらいまで来たものの引き返すことにしました。

かなり悩んだ。

悔しかったですが、キャンプ場への帰り道を走りながらやっぱり引き返すことにして良かったなーと思いました。

ほんとにね…今日は太陽が元気すぎる!

なんとかテントまで戻ってこられました。

弘法大師様のおかげで荷物も無事。

最初に到着した時には誰もいなかった前川キャンプ場でしたが、今日は土曜日ということで家族連れが盛りだくさん…!

相当騒がしかったですが、そんなことはどうでもいいぐらい体が限界…帰る途中に買ったコーラを一気に飲み、耳栓とアイマスクをして倒れこむように眠りにつきました。

ほんとに体力が限界近かった…!

目が覚める

起きたら2時間ぐらい経っていました。

身体はまだダルいけど、少し楽になった。

見る余裕のなかった川を眺める。

透き通っていた。

やっぱり素敵なところだ。

寝てすっきりしたことだし!と、自転車のチェーンの手入れをする。

持ってきていた「チェーンを磨くクロス」と「チェーンルブ」。

綺麗になった。お遍路中は定期的にやらなくちゃいけないし今日やっておいてよかった。

チェーンを掃除しているときに「河川敷にテント立てても良いんですかねー?」と歳が近そうな男性に声をかけられる。「たぶん大丈夫だと思いますよー僕も初めてなので!」と答えながら、少しお話をしてみることに。

聞いてみると、バイクお遍路さんだった。

僕が途中で引き返した二十番を打ってからキャンプ場に来たそう。坂について詳しく聞いてみる。僕は二十番と二十一番の分岐地点のところから平坦な道であってくれ…!と淡い期待を抱いていたんですが、話を聞いてみると分岐地点から二十番まで坂がずっと続いているそうな…絶望。

でも、同期のお遍路さんとお話することができてよかった。

晩ごはんは「どん兵衛とパン」。食べて早々に寝る。

おしまい

そんなこんなで休息日だったはずの4日目は、こんな感じで終わりました。

殆ど休めなかった…!なんというか足とか肩とか身体の色んな所に筋肉痛が出ている感じです。やっぱり毎日自転車で走ったり、歩いて登らなきゃいけないところがあったりで、普段使っていない筋肉も使ってるんだろうなー…

そして、途中で引き返した二十番までの坂ですが、ネットで調べたところ自転車お遍路なら四国お遍路の中でも1、2番目にしんどい所とのこと…!(ロープーウェイを使わないなら二十一番が一番しんどいみたい)

そりゃしんどいわ…!明日の朝に走ることにして本当に良かったかも…。

なかなか予定通りにはいかない一日でしたが、こういうトラブルへの対処とか、自分の身体の具合を考えての引き際とか、いろいろと良い経験ができたんじゃないかなーと思います。

前向きに考えよ…!

使ったお金

  • 納経料:600円
  • 食費:1,592円
  • 自転車修理費:3,900円
  • 【合計】6,092円

前の日

次の日

コメント

タイトルとURLをコピーしました