Bontragerのサイコン「Trip300」を買った

Bontragerのサイクルコンピューター「Trip300」を買っちゃいました!

以前付けていた「CATEYEのサイコン」は取り外しちゃうことに。ほんとは電池切れまで使おうと思ったんですけど、どうしても欲しくなってしまった…!

以前の記事 CAT EYEのサイコン「VELO WIRELESS+」を買った

スポンサーリンク

Trip300について

「Trip300」はBontragerのサイクルコンピューターで「速度や走行距離、ケイデンスなどの走行データ」が表示できます。ちなみにセンサーは付属していないので、別売りのセンサーが必要になります。

「Trip300」がBontragerのラインナップから外れてしまったようなので、リンク先を「サイコン一覧」に変更しました。

後継機種っぽいものがいくつか出ているみたいですね。

Trip300のお値段は8,900円…!

サイコンの機能的に見ると正直ほかのサイコンに比べて結構お高い気がします…。定価で買うのはちょっとなー…と躊躇していたので、ヤフオクやメルカリなどをちょくちょく覗き、メルカリで新品を「6,500円」買いました。新品未開封でとてもいいお品だった…。

中古なら状態にもよりますが、5,000円未満で売られているのをまあまあ見かけたので、欲しい方はちょくちょく検索すると良いかもしれません。

スポンサーリンク

Trip300を買った理由

Trip300は「ケイデンス表示」ができるんですよねー…そして「ワイヤレスANT+」にも対応しているので、既に先日付けていた「DuoTrap S」とも連携して走行データを表示することができます。

なによりでかい理由は、「CATEYEのサイコンのために前輪にセンサー」「DuoTrap Sのために後輪にセンサー」と前後輪にセンサーを2個付けるという、かなり不格好なことになっていたのが嫌だった!

DuoTrapSの存在を最初に知っていれば、CATEYEのサイコンを買うこともなかったのになー…

Trip300を付けてみて

変えてよかったなーと思います。

取り付けは「付属のバンドを使ってハンドルバーに巻きつけるだけ」なので簡単。Trekの自転車ならBlenderにも対応してるので、見栄えよく付けることもできるんじゃないかなーと思います。

DuoTrapSとの連携も簡単でした。Trip300をペアリングモードにしてクランクを回すだけ!

良いところ

  • 表示がすごく見やすい
  • ケイデンス表示ができる
  • オートスタートで手間いらず
  • オートリセットが便利
  • バックライトもしっかり発色

個人的にはケイデンス表示できるのが嬉しいです。そのためだけに買ったといっても過言ではない…!

また、Trip300には「オートリセット機能」というのがあって、設定で「走行終了後6時間スリープしたら自動的に走行データをリセット」なんてことができちゃいます。これがすごく便利。いままでのCATEYEのサイコンでは「乗るたびに毎回ボタン長押しで走行データをリセット」してから走り出していたので…。

Trip300にはさらに「オートスタート機能」もあり、センサーが反応したら何もボタンを押さずに自動的にデータを取り始めてくれるので、とても快適になりました。

悪いところ

  • 起動したら毎回「経過時間」表示画面

Trip300はセンサーに反応して立ち上がると、必ず「経過時間」表示画面になっています。

僕が見たい「ケイデンス表示」に切り替えるには、毎回右下のボタンを2度押さなくてはなりません。立ち上げ時に何を表示するか記憶してくれれば便利なのになーと思いました。

せめてケイデンス表示じゃなくても、デフォルトは「走行距離表示」が良かったなー…

おしまい

そんなこんなで「Trip300」を買っちゃいました。

定価より安く買えたとはいえ、そこそこのお値段なので買うのにだいぶ迷いましたが、結果的に買ってよかったです。いままでのサイコンに比べてだいぶ手間もかからなくなったのと、ケイデンスが見られるのがやっぱり良いですねー

大事に使っていこ!

追記
いまはサイコンは外しちゃって付けなくなりました…!

1+

コメント

タイトルとURLをコピーしました