CAT EYEのサイコン「VELO WIRELESS+」を買った

新しく買ったクロスバイクに付けるためサイクルコンピューターを買っちゃいました!

クロスバイクを買った当初、お店の人にも「サイクルコンピューターはいかがですか?」って勧められたんですけど、スマホアプリの「Strava」でログを管理するつもりだったので「結構ですー」とお断りしていたのですが…。

スポンサーリンク

買った理由

実際にクロスバイクで走ってみて「Strava」でも確かにログは取れるから不満はないんですけど、「実際にいまどれぐらいのスピードが出せているのか」がすごく知りたくなって、サイクルコンピューターを付けることにしました。

これなら最初からTREKのお店で買っておけばよかった!

スポンサーリンク

買ったサイコン

購入したサイクルコンピューターは「キャットアイ:VELO WIRELESS+」です。

CATEYEのどこでもよく見かけるサイコン。

僕が中学生の頃も「CATEYEのサイコン」を購入して自転車に取り付けてた覚えがあるんですが、その頃のものと同じなんじゃないか…ってぐらい見た目が変わってない!

ただ、有線ではなくワイヤレスなので線がごちゃごちゃしなくて済むかな?

良かったところ

  • 見た目がシンプル
  • 取り付けが簡単
  • 有線じゃないので見た目もすっきり
  • 欲しい機能は大体揃っている

取り付けは説明書を見ながらその通りに付けるだけなのですごく簡単でした。

ワイヤレス式のサイコンっていいですね。長い線をタイヤ辺りからハンドルバーまで伸ばさなくてもいいので、見た目もすっきりしています。

僕が見たかった「リアルタイムの速度」も見られますし「走行距離」や「平均速度」「最高速度」から「消費カロリー」まで必要そうなデータはぜんぶ見られるので買ってよかったです。

まあ速度と走行距離ぐらいしか見ない気もしますが!

悪かったところ

  • 最初は走り出す前に必ず「1ボタン」押さなきゃいけない
  • 「バックライト機能」はあるけど、しょぼい…
  • 前輪に鍵を取り付けるときに「センサー」に当たってズレることがある

自転車に乗るとき、まずサイコンの真ん中のボタンを一度押さないとスリープ解除されず、データが記録されません。ボタンを押さずに走り出して「あ!記録されてない…!」ってことが何度かありました。

まあ「いま何km出てるだろ?」ってサイコンに目が行ったときにスリープ解除を忘れていたことに気付くので問題はないのですが、センサーで動きを感知したら「自動でスリープ解除」してくれると楽なんですけどねー…

あとはバックライト付きとありますが、下の方にある豆電球みたいなのがポチっと点灯するしょぼいものです…。夜間でも見えないことはないけれど、液晶の背面が照らされるわけじゃないので見にくい!

最後は個人的なんですけど、「ワイヤーロック」を掛けるときに「サイコンのセンサー」に手が触れてしまってズレることがあるんですよねー…ズレたらセンサーの角度を調整し直さなきゃいけないので、ちょっと面倒くさいです。

おしまい

そんなこんなで結局サイコンを購入してしまいました!

悪いところも書きましたが、サイコンを付けてよかったなーと思っています。「Stravaのデータ」と見比べてもほぼ誤差がないので、データも正確に録れているんじゃないかなーと思います。

やっぱりリアルタイムで速度が分かると「こんだけスピード出せてるんだー」と嬉しくなりますね!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました