Twitterの「見たくない特定のトレンドワード」はuBlock系で非表示にできる

僕は「twitterのトレンド」をPCのディスプレイの片隅に置いて、常に表示するようにしています。

というのも大きな出来事からマイナーな出来事まで、話題になればすぐにtwitterのトレンドに上がってくるので、わざわざニュースサイトにアクセスすることなく最新の情報を知ることができるからです。

ただ、最近になってtwitterのトレンドに「政治系」や「見たくないトレンドワード」が出てくることが多くなり、目に入るとしんどいなー…と思うことが多くなってきました。

なんとか見たくない特定のトレンドワードだけ非表示にする「NGワード設定」みたいなことができないかなーと思っていたんですが、広告ブロッカーの「uBlock(Nano Adblocker)」で出来ることがわかりました!

スポンサーリンク

さくっと結果

ChromeやFirefoxなど、ブラウザのアドオンである「広告ブロッカーのMyフィルター」に記述するだけで簡単に非表示にできます。

「AdBlock系のフィルタ構文」が認識できれば、たぶんどの広告ブロッカーでも出来ると思うので、僕が使っているChrome拡張機能の「Nano Adblocker」。ほかには「uBlock Origin」「Adblock Plus」なんかでも使えると思います。

Myフィルターに書く構文

「:has-text」を使います。

広告ブロッカーアドオンのオプションを開き、「Myフィルター」タブに以下を記述。

twitter.com##div.css-1dbjc4n div[class$="r-qklmqi r-1adg3ll"]:has-text(消したいワード)

「消したいワード」という部分に自分が見たくない言葉を記述してください。これだけでOKです。

複数ワードを非表示にしたい

「:has-text」は正規表現が使えます。

twitter.com##div.css-1dbjc4n div[class$="r-qklmqi r-1adg3ll"]:has-text(/(消したいワード1|消したいワード2|消したいワード3)/)

こんな感じで、消したいワードごとに「|」で区切りながら増やすだけでOK!

正規表現とかよくわかんない…とか上手く動かないという方は、最初に載せた構文を「消したいワード毎に1行ずつコピペ」して増やしていくだけでもできます。

twitter.com##div.css-1dbjc4n div[class$="r-qklmqi r-1adg3ll"]:has-text(消したいワード1)
twitter.com##div.css-1dbjc4n div[class$="r-qklmqi r-1adg3ll"]:has-text(消したいワード2)
twitter.com##div.css-1dbjc4n div[class$="r-qklmqi r-1adg3ll"]:has-text(消したいワード3)

消したいワードは部分一致で消える

設定した「消したいワード」は部分一致でトレンドから消えます。

例えば消したいワードを「太郎」にすると、「太郎」「いいちこ太郎」「太郎ちゃん」ぜんぶ消えます。

ちなみに英語を設定した場合は、大文字小文字どちらも消えます

TweetDeckでも消したい

僕は普段twitter webではなくTweetDeckを使っています。

TweetDeckでも同じように特定のトレンドワードを非表示にしたい場合は、記述する構文が変わります。

tweetdeck.twitter.com##div[data-testid="trend"]:has-text((消したいワード))

TweetDeckの場合は、これで消すことができます。

スポンサーリンク

詳しい設定方法

詳しい設定方法も書いておこうと思います。

Myフィルターへの記載方法

  • 1
    広告ブロッカーアドオンを右クリックして「オプション」をクリック
  • 2
    「Myフィルタータブ」を開いて、フィルタ構文を記述

    ・以下をコピペして「消したいワード」を設定

    twitter.com##div.css-1dbjc4n div[class$="r-qklmqi r-1adg3ll"]:has-text(消したいワード)

    ・複数のワードを設定したい場合はこちら

    twitter.com##div.css-1dbjc4n div[class$="r-qklmqi r-1adg3ll"]:has-text(/(消したいワード1|消したいワード2|消したいワード3)/)

    ・TweetDeckの場合はこちら

    tweetdeck.twitter.com##div[data-testid="trend"]:has-text((消したいワード))

    記述できたら「変更を適用ボタン」を押せば完了です。

    twitterを開いたままだったら、ページを更新すると「設定したワードを含むトレンド」が消えるかと思います。

ちゃんと消えるか試してみる

実際に設定すると、どんな感じで消えるのかも書いておこうと思います。

  • 1
    現在のトレンド

    とりあえず、トレンドを開いてみました。

    この中の「びしょ濡れ」を非表示にしてみます。

  • 2
    「Myフィルター」に記述
    twitter.com##div.css-1dbjc4n div[class$="r-qklmqi r-1adg3ll"]:has-text(びしょ)

    「びしょ」という言葉を非表示設定にしてみました。

  • 3
    トレンドを確認

    しっかり「びしょ濡れ」というトレンドが消えてくれていました。

    ちなみに「さらに表示」を押した先の「トレンド一覧ページ」でも、ちゃんと消えてくれます。

おすすめの非表示設定ワード

個人的に「おすすめの非表示設定ワード」も載せておこうと思います。

「#」を設定する

記事の最初に書いたように、僕は最新の起こった出来事を知りたいためにtwitterのトレンドを見ています。

つまり、twitterを使っている人がその時間帯に自然と多くつぶやかれて上がってきたトレンドワードだけ知れれば良いわけです。

対して「ハッシュタグ(#)」が付いているようなトレンドワードは「イベント系」「キャンペーン系」「なにかへの主張系」「実況系」がほとんどなわけです。僕が苦手な政治系のトレンドワードもハッシュタグを付けて主張されているものがほとんどなので、ただ単に最新の出来事だけを知りたいなら、こういったハッシュタグ付きのトレンドワードをすべて非表示にすれば良いわけです。

twitter.com##div.css-1dbjc4n div[class="css-1dbjc4n r-1ila09b r-qklmqi r-1adg3ll"]:has-text(#)

なので、僕はこんな感じでハッシュタグ付きのトレンドをすべて非表示にしています。

この設定にしてから、トレンドを眺めていても前ほど不快感を覚えることもなくなって、かなり快適になりました。

おしまい

こんな感じで、twitterのトレンドの一部を非表示にしています。

広告ブロッカーで使える「has-text」は気軽に一行書くだけでささっと対応できるので凄く便利!CSSでも似たようなことができれば、もっと楽にできるんですけどねー…

「has-text」は、「指定した要素以下の要素」に入っているテキストでも適用されて非表示にすることができるので凄く柔軟に使えちゃいます。ちょっとこのサイトでこの言葉が付いたものは見たくないなーってときに「簡易的なNGワード設定」のような使い方ができるので、すごく便利です。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました