【サイクリング】六甲山 さくら夙川駅から逆瀬川ルート

先日から1年ぶりに六甲山を上りはじめ、明らかに落ちた体力に愕然として、先週は元の身体に戻すべくあれこれ試していました。

先週の最後に、なんとなく「もう以前のように上れるようになったのでは…?」という感触があったのと、台風が近づいてきてることもあり今週は明日からずっと雨予報なので、行くなら今日しかない!ということで、以前のように坂を上れる身体に戻れたのかどうかを確かめるために、「さくら夙川駅からの逆瀬川ルート」に行ってきました!

以前からブランク明けの身体の調子を確かめたり、大きな自転車旅行の前に走ったりと、自分の身体の調子を見るのに目安にしているルートなので、推し量るにはちょうどいい!

スポンサーリンク

今日の予定ルート

  • 2号線を走る
  • さくら夙川駅から北上
  • 82号線を走る
  • 16号線を走る
  • 六甲山最高峰到着

実走したルート

スポンサーリンク

出発

今日も2号線を走る。

「さくら夙川駅」を北上!

「開かずの踏切」が開いていた。

相変わらず、この道は交通量が多い…。

住宅街をえっちらおっちら上っていく。

ちょうど学校の登校時間だったので、人が多かった。

先週の「毎日夕方に坂を上る作戦」の成果が出てるのか、余裕をもって坂を上りきれた。

逆瀬川ルート

ということで、「逆瀬川ルート」に合流!

逆瀬川ルートを走るのも本当にひさしぶりだー

ちょうど一年ぶりぐらいでした。

去年の一時期は工事で通れなくなっていた脇道が通れるようになっていました。

もちろん通る!

脇道に入ってすぐの橋のところ。

ここは季節の移り変わりがすごく分かりやすい場所です。春は桜が綺麗で、秋は紅葉が素晴らしい。夏も終わって秋になった感はあるのですが、紅葉はまだみたいでした。

この脇道の雰囲気がほんとうに好み。

そして、やっとこさスタート地点に到着!

この間までの自分の身体のことを考えると、びっくりするぐらい体力が余っています。ちょっと休憩。

ということで、逆瀬川ルートを上りはじめる。

序盤に聞こえる「川のせせらぎ」にほんとうに癒される。

12%の傾斜が続く。

キツめの坂だと、インナーローでも以前よりに負担がかかる感じがするんですが、これはたぶん重くなった体重のせいなんだろうなー…

坂を上る感じはだいぶ取り戻せたけど、体重は引き続き減らす努力をしなくては…。

以前から時々工事っぽい音が聞こえていたところで、新しい砂防ダム?が作られていました。

それにしても本当に逆瀬川ルートはいいですね。

交通量も少ないし、ただ走っているだけで自然に癒やされる。

陽の光が当たる場所に出てきて暖かい。

秋になって太陽の光も随分和らいだので、気持ちよく感じます。

えっちらおっちら上っていると、開けたところが見えてきた。

あそこは…!

宝殿インター

「宝殿料金所」に到着!

ひさしぶりに来たー

ここで後ろから走ってきたロードバイク乗りさんに追い抜かれ際に、「ゼーハーゼーハー…こんにちは」と挨拶していただいたので「こんにちは!」と返すと、「めっちゃ元気ですね…!ビンディングも付けてないのに…こっちはビンディング付けててももう…ゼーハーゼーハー…」と言っていただき、なんだか嬉しくなる。

「ひさしぶりなので結構しんどいです…!」とだけ返事して、ローディーさんは上っていかれた。

TREKの店員さんとか、サイクリング中に自転車乗りさんにたびたび「ビンディングペダル」を勧められることがあるので、たぶんすごく良いものなんだろうなーと思うんですが、「ビンディングペダルじゃないとできないこと」があるなら欲しくなるんですが、フラットペダルでも自分のやりたいことは全部できているので、欲しくならないんですよねー…

僕は腸脛靭帯炎になったこともあるので、ビンディングが原因で腸脛靭帯炎が発症したという話も何度か聞いているのも欲しくならない理由のひとつかも。

腸脛靭帯炎になったら1ヶ月半はまともに自転車に乗れなくなっちゃいますからねー…

ということで白山神社まできました!

草が刈られていて通りやすそうになっていた。

最高峰までの最後のしんどい坂を上って、

しばし続く「平坦な道」に癒やされながら、

逆瀬川ルートのゴールポスト代わりのトンネルに到着!

やったーー

一軒茶屋

そして、一軒茶屋に到着。

今日は一軒茶屋に寄らせてもらいます。

めちゃくちゃひさしぶりの「月見うどん」。

やっぱり優しい味ですごく癒やされました。美味しかった。

ということで、最後に最高峰に向かいます。

見えたきた。

今日は誰もいませんでした。

独り占めだ!

ということで、無事に逆瀬川ルートを走り切ることができました。

これで坂を上るための身体もひとまず以前のように戻ったと言えそう!

今日は空気も澄んでいて、景色が綺麗でした。

そして、今日の下界の景色。

おしまい

そんなこんなで、無事に逆瀬川ルートを走り切ることができました!

以前のように上りきった後でも体力にだいぶ余裕があったので、身体をちゃんと取り戻せたんだなーとホッとしました。ほんとにぜんぜん坂を上れない身体になっていたので、これを元に戻すのにまた同じぐらい時間がかかるのでは…と絶望していたんですが、思っていたよりもずっと早く取り戻せてよかったです。

ただ、傾斜がキツい坂は足への負荷が大きくてしんどかったので、体重は引き続き落とす努力をしなきゃいけないなーと思いました。

今月は「琵琶湖一周の自転車旅」に行きたいなーと思っているので、今日はちゃんと逆瀬川ルートを走り切ることができてよかった。

逆瀬川ルートを走りきれれば、どこへでも行ける!

1+

コメント

タイトルとURLをコピーしました