サドルを「Bontrager Commuter Fluid Bike Saddle」にした

僕が乗っているTREKのクロスバイクFX3のサドルをBontragerの「Commuter Fluid Bike Saddle」に変えてみました。

元々サドルを買うつもりはなかったんですが、TREKのお店であれこれ見ているうちに、ついつい買っちゃいました。サドルを買うのはこれで4つめですが、安サドル以外のサドルを買ったのはこれが初めて!

自分のお尻に合うかどうか不安でしたが、Bontragerの製品は「どんな理由でも30日以内であれば返金可能」なので、もし合わなかったら返品しちゃえばいいんだ!

ということで、「Commuter Fluid Bike Saddle」がどんな感じかまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

「Commuter Fluid Bike Saddle」について

FX3に最初から着いていた「純正サドル」や「安サドル」とは明らかに違い、持つとちょっとずっしり来る感じです。

触り心地がつるつるで気持ちいい。スウェードっぽいところが「Fluidテクノロジー」らしいですが、表面の手触りは見た感じと同じスウェードっぽい触り心地。

ちなみに、Bontragerのサドルはこの写真のように自転車の使用用途によって分類されているのですが、「Commuter Fluid Bike Saddle」は「FITNESS」に分類されていました。

TREKの店員さんにも確認しましたが、僕が乗っているTREKのクロスバイクFX3も「フィットネスバイク」に分類されているため、このサドルもピッタリということでした。

逆にいえばロードバイクとかには向いてないサドルなのかな?

重さを測ってみた

気になったので重さを測ってみました。「468g」。

ちなみに、僕がいままで使っていた安サドルの定番の「Mach Burstのサドル」は339g。

やっぱり「Commuter Fluid Bike Saddle」の方が129gほど重いみたいですね。

結構変わるなー

大きさを比較してみる

さらに大きさも比較してみました。

「Commuter Fluid Bike Saddle」の方がお尻を乗せる部分の横幅が広そうだなーと思っていたんですが、

上下に重ねてみるとそんなに変わらない?

サドルの長さも「Mach Burstのサドル」の方が少し長い感じでした。

「Commuter Fluid Bike Saddle」の裏面の水色部分が「Fluidテクノロジー」部分らしく、ここの重量分でやっぱり差ができてるのかな。

装着してみた

さっそく自転車のサドルを交換してみました。

なんかちょっともっさり感が出てしまったなーとも感じますが、実際に目で見ていると「すぐ慣れそうだなー」とも思えました。

スポンサーリンク

実際に走ってみた感想

とりあえず、サドルはしばらく使ってみないと分からない!ということで、随時乗りながら更新していこうと思います。

短い距離だけじゃなく長い距離を走ってみないとお尻に合うかどうか分からないですしね!

近距離を走ってみた感想

とりあえず、いつもの朝の自転車ランで様子をみてきました。

  • いままでのサドルと違い、「Fluidテクノロジー」部分がお尻の両方をやさしく支えてくれている感じがあって、かなりお尻に優しそう
  • 特に走りにくくなったということもなし

近距離10kmほどを走ってみた感じで分かったのはこれぐらいでした。

いまのところお尻が痛くなりそうな雰囲気はないです。

あとは

  • 六甲山を上ってきたときの感じ(坂を上ったとき)
  • 長距離を走ってきた感じ(琵琶湖まで行きたいなーと思っているのでそのときに)

などなど、随時走った後に感想を更新していきたいなーと思います。

おしまい

こんな感じでサドルをBontragerの「Commuter Fluid Bike Saddle」にしてみました!

個人的にサドルは値段じゃないと思っているので、いいお値段なサドルであっても自分に合うかどうかはわからないのですが、Bontragerの公式サイトに載っている「Commuter Fluid Bike Saddleの謳い文句」を見ていると、長距離走るときでも「ジェルサドルカバー」を使ったり、「ゲルパッド付きのインナーパンツ」を履いたりしなくても済むようになるかもしれないなーという期待感があるので、そうなればいいなーと思っています。

いままでは100km以上を素のサドルに跨って走っていると、どのサドルでもお尻が痛くて仕方なくなるのは変わらなかったので、このサドルで解決できたらいいなー…

2+

コメント

タイトルとURLをコピーしました