「ゆうパックおてがる版」でサイズを間違えられたけど、返金してもらえた

先月ひさしぶりにヤフオクを使ったのですが、そのときの発送に使ったのが「ゆうパックおてがる版」

「送料を後から引き落とし」にできたり「送料が安かったり」と便利なのですがいろいろと合ったので、まとめておこうと思います。

スポンサーリンク

見に覚えのない決済

事の発端は、クレジットカードの決済でした。僕は「LINE Payカード」をよく使っているのですが、クレジットカードと同じ使い方ができます。「LINE Payカード」は決済完了後に、LINEトークで確定内容を送ってきてくれるのですが、Yahoo!で1,500円を使った記憶がない…。

記憶を遡ったり、受信メールを検索したり、いろいろ探してやっと分かりました。

ヤフオクの先月の配送料が1,500円!これでカードの不正利用じゃないことが分かって安心したのですが、送料に1,500円って高すぎないかと!

スポンサーリンク

送料を調べてみた

僕が送った商品は小さかったので「60サイズ」でした。

なので送料は600円のはず。それなのに1,500円が決済されちゃってるわけです…!

追跡番号で詳細を確認

荷物の「お問い合わせ番号」が書いている明細を残していたので、日本郵便の追跡サービスから検索してみると、なんと「160サイズ」で送ったことになっていました。なんでや…!

日本郵便に問い合わせ

日本郵便に電話をして確認することにしました。

とりあえず経緯を伝えたところ、いろいろ確認したあとで折り返し電話をもらえることに。

  • 「氏名」「住所」「折返し先の電話番号」
  • ゆうパックおてがる版を発送した「ローソンの店名」と「住所」

電話で聞かれた確認項目は、こんな感じです。

日本郵便からの折り返し

その後、3時間ほどして最寄りの郵便局から電話が掛かってきました。

結局のところ「日本郵便のシステムにサイズを入力する際、60サイズと入力しなくてはいけないところを、誤って160サイズで入力してしまっていた」ということでした。

日本郵便の方からヤフオクに連絡をし、後日差額を返金して貰えることになりました。

クレジットカードだし既に決済されちゃってるから、ちゃんと返金できるのか不安で局員さんに確認してみたのですが、問題なくできるようです。

よかったよかった。

おしまい

こんな感じでした。

ゆうパックおてがる版のサイズ指定って、ローソンのLoppiから発券すると、チケットにはサイズ欄に「170サイズ以下」という表記だけがされていたりして、以前からなんか怖いなーと思っていたんですが、やっぱりこういうこともあるんですねー…

以前は、コンビニの店員さんが荷物のサイズを測って、用紙のサイズ欄に○を付ける…?みたいな流れだったような気もするんですが、いまは郵便局員さんがサイズを測ることに変わったっぽくて、これなら大丈夫かなーと思っていたんですがダメでした!

さすがに送料が900円も違うのは大きすぎるので、本当に気付けてよかったです。

追記
後日、無事に返金されました。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました