「古法華自然公園」の東側入り口の道路がどれぐらいヤバいか写真を撮ってきた

「古法華自然公園キャンプ場」の東側から入る道路がやばいやばいと聞いていたものの、どれぐらいやばいのか分からなかったので、実際に通って写真を撮ってきました!

ちなみに通ったのは2018年の年末です。

スポンサーリンク

古法華自然公園の東入口

「古法華自然公園」に東側から入るには「県道81号線」を走り、皿池・善防池あたりで左折します。

特徴的な岩肌の山が見える。

東側入口も最初はきれいな一本道で、道路もちゃんと舗装されており、道幅も広いから油断しそうになりますが

少し進むだけで、木々の生い茂る細い一本道の道路になります。

「この先、道路狭く、急な坂道。通行ご注意下さい!」の看板。

間違いなく車は、ここで引き返したほうがいいです…。

スポンサーリンク

道路の様子

まず、道はちゃんと舗装されていません。

基本的にずっとでこぼこです。

僕は自転車で通りましたが、タイヤが痛みそうでした。

そして傾斜がめちゃくちゃ急!

キャンプ道具を積んだ自転車では、とてもじゃないけど漕いで上れるような坂じゃないですし、自動車でも上るのはかなりキツそう。

坂の終盤もずっとこんな感じでボコボコ。

道幅も狭いです。

やっと急な坂も終わって「古法華自然公園」に入るところ。

どれぐらい車幅が狭いか分かるかと思います。軽自動車なら通れそうですけど、普通車でここを通るのはキツそう…。

「古法華自然公園」に入ってからも、しばらくはこんな感じの道路が続きますが

「古法華池」近くまでくれば、だいぶきれいな道になってホッとできます。

ここから「古法華自然公園キャンプ場」まではきれいな道路で問題なく走れました。

おしまい

こんな感じで「古法華自然公園の東側の道路」は想像以上にやばかったです…!

神戸方面から「古法華自然公園」に向かう場合、なんとなく近いしと東側から行きたくなりますが、自動車でもバイクでも自転車でも、間違いなく西側から入ったほうがいいです。

西側には無料駐車場もありますしね!

相当な傾斜なので、行きだけではなく帰りも使わないほうがいいと思います。あぶない!

コメント

タイトルとURLをコピーしました