エネオスの看板が「セピア色」に見える

夜に自転車で走っていると、ふとエネオスの看板が目に入ってきたんですが

「あれ、エネオスの看板ってオレンジじゃなかったっけ…」

「セピア色に見えるけど、目がおかしくなった…?」とすごく不安になりました。

近づいて眺めてみたり、スマホで写真を撮って確認してみても、やっぱりセピア色…!

「目を使いすぎたのかなー…家に帰ってゆっくりしよう」と帰り道を自転車で走っていたら、

別のエネオスがあり、そっちはオレンジ色!

自分の目がおかしくなったわけじゃなくてホッとしましたが、なんで「セピア色看板のエネオス」があるんだろう…と気になりました。

並べると、結構違う。

スポンサーリンク

エネオスに問い合わせみた

気になったので、エネオスの公式ウェブサイトの「お問い合わせページ」から聞いてみました。

エネオスのガソリンスタンドの看板に「セピア色」のものがありますが、何か理由がありますか?

また、「オレンジ色」の看板の店舗とサービスに違いはありますか?

みたいな感じで問い合わせました。

エネオスからの回答

通常のENEOSガソリンスタンドは、標準色のオレンジを採用しておりますが、

景観条例等により、表示カラーが規制されている地域については、

セピア色にて対応を行っているケースがあります。ご確認をお願いいたします。

「ENEOS株式会社 ENEOSお客様センター」からの返信メールより

ということで、自治体の景観条例で広告物の「表示カラーが規制」されている場合、セピア色の看板にしているようです!

なるほどなー!

ちなみに、うちの近くのエネオスが

  • セピア色 = セルフのガソリンスタンド
  • オレンジ色 = 普通のガソリンスタンド

だったので、看板の色によってサービスの違いがあるのかな?とも思っていたんですが、そういうわけでは無かったみたいです。

うちの自治体の条例を調べてみた

住んでいる自治体のウェブサイトを調べてみましたが、確かに該当する条例がありました。

「広告物の色彩(マンセル値)、意匠、面積等を表した模写図」の提出書類が必要

ただし、「新規・変更」の場合は必須なものの、「更新」の場合は不要

ということで、

  • 新しくできたエネオスは、色彩の彩度を抑える必要がある
  • 古くからあるエネオスは、そのままでもOK

みたいのなので、同じ市にあるエネオスでも、「セピア色看板のエネオス」と「オレンジ色看板のエネオス」があるのかなーと思いました。

おまけ

真っ赤な看板のエネオスもあった。

スポンサーリンク

おしまい

そんなこんなで、エネオスの看板が「セピア色」な理由がわかりました。

そういえば、ローソンなんかも色味が抑えられてる店舗もありますもんね。

とりあえず、自分の目がおかしくなったわけじゃなくて、よかったよかった!

コメント

タイトルとURLをコピーしました