【サイクリング】六甲山 初めての表六甲ルート

ずっと走ってみたかった表六甲ルートを走ってきました!

実は去年も表六甲を走ろうと途中まで行ったことがあるのですが、台風のせいで道が崩落してしまい通行止めになっていたので、泣く泣く引き返していました。

そのときも、通行止めになっていたのは旧道で、新道は走れるようだったのですが、交通量がめちゃくちゃ多く、さらには大きな橋を渡る、そしてトンネルを抜けるという自転車で走るにはキツそうな感じだったので道路が復旧するまで待っていましたのです…!

スポンサーリンク

今日の予定ルート

  • 2号線を走る
  • 六甲道駅から北上
  • 表六甲ドライブウェイを走る
  • 旧道に入る
  • 明石神戸宝塚線を走る
  • 六甲山最高峰到着

道中

いつも通り2号線を走る。

でも西方面に走るのは久しぶりかも。

いつも走っている2号線だけど、西方面は久しぶりなので、新鮮で楽しい。

六甲道

そんなこんなで、六甲道駅辺りに来たので北上開始。

ここらへんは賑わってますねー

地味に坂は始まっている。

阪急の六甲駅を抜ける。

六甲登山口!

六甲山の登り口としては、この六甲道から登るのが本来メジャーなルートなのかなー…僕は芦屋市民なのでロックガーデンが馴染み深いんですが、なんせ六甲道っていうぐらいですもんねー

ずーっと上り坂は続く。

しんどいけど、徐々に緑豊かな景色が増えてくるので、癒やされる。

途中から、なかなかな傾斜になるので、結構しんどいです!

六甲ケーブル

ということで、六甲ケーブル駅まで到着。疲れたー!

しばし休憩して身体を休める。

さあ出発!

ここまでで、もう標高300~400mぐらいなので、景色がいい。

ついに山道って感じの道路になってくる。

新道の大きな橋が見えてきた!

橋の下をくぐる。ここらへんは、まあまあ交通量があって、道幅も少し狭めなので、若干走りにくいです。

旧道

そして、ついに旧道と新道の分かれ道に到着!やったー

新道の方を見ると、自動車専用道路の看板もないし軽車両通行禁止の看板もないので、やっぱり新道も自転車で走れるのかなー…?

怖すぎて走る気には、ならないですけれども…!

ということで、ここからは初めて通る道…!通行止めのガードも無くなっています!

去年訪れて通行止めだったときの写真。

初っ端いきなり、つづら折りのカーブが出てきたので、マジか…!と身構えたんですが

基本ずっと緩やかな道が続くばかりで、すごーく上りやすい!

トンネル…?!と思ったんですが、すごく短いトンネルでホッとする。

随分、山深いところまで、やってきました。

ところどころ、つづら折りのカーブも出てきますが、すごーく緩やか。

表六甲ドライブウェイですが、裏六甲ドライブウェイと同じぐらい余力を持って走れる傾斜ですねー

対面の山に建物が見えてきた。もうすぐ表六甲ドライブウェイも終わりかな?

と、思っていたら展望台があったので、ちょっと寄り道してみることに。

うーんなかなかの眺め。

ふたたび表六甲ドライブウェイを進むと

看板が見えてきました。

そして、表六甲ドライブウェイ完走!わーい

どこらへんに出たんだろ?と思ったんですが、記念碑台の少し手前みたいです。

明石神戸宝塚線

ここからは、明石神戸宝塚線を進んでいく。

六甲山ホテルが、ずっと工事中だったんですが、綺麗になっていた…!

そういえば、また営業するんでしたっけ。

そんなこんなで、記念碑台前 兼 裏六甲ドライブウェイの出口に到着。

個人的に、ここから一軒茶屋までの道が結構しんどくて苦手です。

ここまでと違って、人工的なものがよく目に入るのと、植物園から

この六甲山カンツリーハウスまでの傾斜が結構キツい…!

正直言うと、植物園から六甲山カンツリーハウスの間の坂よりも、逆瀬川ルートの坂のほうが楽な気がする…。

それぐらい苦手です…。

そんなこんなで、一軒茶屋に到着!

ススキが目に入ると秋っぽく感じますねー

六甲山最高峰

ということで、無事に六甲山最高峰に到着!

表六甲ルート完走!

下界の眺めもよかったです。

おしまい

ということで、表六甲ルートを初めて走ってきました!

これで、表・裏・逆瀬川・再度山ルートを走ったことになるので、東西南北すべての方角から六甲山に上れたことになります。やったーー

表六甲コースですが、一番しんどいのは、六甲道駅あたりから旧道手前までの坂が一番しんどいです。旧道からの坂は傾斜が緩くて走りやすかった。

この前半の坂と、六甲山の植物園からカンツリーハウスまでの坂があることを考えると、個人的には逆瀬川ルートより、しんどかったです。でも、旧道からの道は凄く楽しかったので、また気が向いたときに走りたいなーと思いました。

コメント