【サイクリング】琵琶湖一周 自転車旅 4日目(ナイトライド)

琵琶湖一周も終わってしまって、あとは滋賀県から家に帰るのみ!

キャンプのときもそうなんですが、帰り道をだらだら帰るのが一番しんどいんですよねー…帰るだけだから楽しみもないですし…。

ということで、恒例になってきているんですが、交通量の少ない夜中にナイトライドで家まで帰ることにしました。

前回

スポンサーリンク

今日の予定ルート

  • 山科区を通る
  • 171号線を走る

実走したルート

Stravaを付け忘れていたのでデータのみ…!ルートは予定ルート通りです。

スポンサーリンク

出発

時刻は23時頃。

快活CLUBに着いてからは、疲れていたのもあって爆睡しました。とりあえず、家まで走るだけの体力は回復できたかなーと感じたので出発することに。

後ろにリアライト、背負うリュックにもリアライト、反射材の付いている服も着る。これで車へのアピールも大丈夫なはず。

家までは「約70km」。

寝まくったとはいえ、今日はお昼に110km近く走ったので、それがちょっと不安。

滋賀県から抜けるときに少し山越えがあります。

夜の山越えだけど、交通量の多い道だったから夜でも真っ暗ってわけではないだろー

山越えが近づいてきました。

ここを越えたら京都の山科区。やっぱり街灯も明るくて車も多かったです。

上り坂の途中で「大津市」の方を振り返る。

ここからじゃ琵琶湖は見えないけど、滋賀県よさらば!

えっちらおっちら上り坂をのぼる。

「琵琶湖一周中に出会った坂」は一箇所だけでしたが、その坂よりこの「山科区へ向かう坂」のほうがしんどいです。

坂を上りきったので、あとは下るのみ。

1日目は「京都市内から山科区」まで山越えをしましたが、今回は京都市内の方へは行かず、このまま山科区を斜めに南下していきます。

こっちの方が最短みたい。

行きがけはどうしても「川沿いの信号のない場所」を走りたかったので、あのルートにしたんですよねー

栄えた街なかを抜けていき、

「名神高速道路」の横の道を走る。

地図で見ると、ここらへんが山越えっぽくなっていたので不安だったのですが、緩い上り坂だったので問題なし。

夜の「鴨川」を越えて、

夜の「桂川」も越える!

しばらく走っていると、ついに「171号線」に入りました。

あとはもうただただ171号線を走るのみ。

途中の「大山崎ジャンクション」の道路がごちゃごちゃしていて、交通量も多いし間違って有料道路に入りそうだしで怖かった…。

ややこしいところも抜けられて、あとはほんとに「171号線」を走り続けるだけ。

ただ…家まで遠い…!

171号線といえば、いつも「知明湖キャンプ場」に行くときに通っているので、そこまで行けばよく知ってる道だし「家までもう少し!」と気合が入るんだけどなー…と思ってるんですが、ぜんぜん知ってる道が出てこない…!

疲れてきたので、コンビニに寄り「モンスターエナジー」と「納豆巻き」を買って食べる。

元気の前借りをするしかない。

大体「箕面市」に来たところぐらいで、一気に疲れが襲ってきて、地図で道の先を眺めながら「これ無理かも…心が折れそう」と思い始める。

近くにまた快活CLUBがあったら、そこでしばらく寝てから帰ろうかな…とか考えたんですが、近くにはない!

とりあえず、体力を温存しつつ軽い感じで走ることにしました。

猪名川

そんな感じで走っていたら、やっとこさ待望の「猪名川」に到着。

ここからは勝手知った道だーと思うと、気力も出てきました。

まあここからもまだ先は長いんですけど…!

無心で走って、「武庫川」を抜ける。

もう写真を撮る気にもならなかったのか、途中から川の写真だけ。

そしてついに地元近くの「夙川」まで帰ってくることができました。

時刻は4時半ぐらい。

なんとか無事家まで帰れた…!

おしまい

そんなこんなで、滋賀県から家までナイトライドで帰ってきました。

スタート時は自分の身体の様子的にいけそうだと判断したんですが、昼間に長距離走ったぶん、3日間走ってきた疲れの蓄積ぶんなどなどを考慮してなかったので、想像以上にしんどいナイトライドでした。

体力を使い果たしきったからなのか、1日休んだあとも身体が休みを欲しまくって動きづらかったです。2日休んだら無事に復活したのでホッとしました。

自転車は人力なので、自分の身体と向き合うことが多いから、こういうことしたらこんな感じになるんだーと改めて気づくことも多く、それが個人的に楽しいです。

相当しんどいナイトライドでしたが、いい経験になりました。

もし次似たようなことやるときは、もっと寝まくってからやろう…!

1+

コメント

タイトルとURLをコピーしました