自転車旅行中の「タイヤの空気」はそれほど心配しなくてもいいと思う

数日かけて自転車で旅行をするときに、どうしても不安だったのが「自転車旅行中のタイヤの空気って、減ってきたらどうすればいいの…!」でした。

自転車で四国お遍路に行く予定もあったり、自転車キャンプに数日行くこともあったので、どうすればいいんだろ…って心配だったんですよねー

「みんな携帯ポンプで減った空気入れてるの…?」とか、「エアゲージが無いと、ほんとに希望の空気圧まで入ってるか分からなくて不安なんだけど…!」などなど、調べてもよく分からず不安だったことを、自分の経験からあれこれまとめてみました。

スポンサーリンク

さくっと

  • どんなところにも大体「サイクルベースあさひ」か「スポーツバイクを扱う自転車屋さん」があるので、そこで空気を入れる
  • もしものときのための「携帯ポンプ」や「バルブアダプター」を持ち歩く

自転車旅中に長距離を走っていて、タイヤの空気が減ってきてもこれで大体なんとかなるのでだいじょうぶです。

四国を20日かけて自転車お遍路したおかげで、いまではタイヤの空気問題については不安にならなくなりました。

スポンサーリンク

くわしく

大体どこでも「サイクルベースあさひ」がある

四国を自転車で一周して、タイヤに空気を入れた回数は「3回」でした。

「サイクルベースあさひ」が2回、「スポーツバイクを扱う自転車屋さん」で1回です。

Googleマップで「サイクルベースあさひ」で検索すると分かりますが、街って感じのところは日本全国どこでも大体「サイクルベースあさひ」があるんですよね。

空気が気になったタイミング、ここから先は大きなお店がある街が無さそうだなってタイミング、そんなときに「サイクルベースあさひ」か「スポーツバイクを取り扱っている自転車屋さん」をスマホで検索し、立ち寄って空気を入れておけば心配する必要はないと思います。

「携帯ポンプ」はあくまで緊急用

僕がいつも持ち歩いている携帯ポンプは「LANDCASTの携帯ポンプ」です。

「力を入れずに空気を入れられる」ということで話題になった携帯ポンプですね。

僕はいつもキャンプ道具を積んでいるときは「6.5bar」ぐらい空気を入れているんですが、力を使わずに空気を入れられるLANDCASTをもってしても、かなりの回数シュコシュコしなくちゃいけないので、結構大変です…!

あくまで携帯ポンプは「パンクしたときに替えのチューブに空気を入れる」などの緊急時用で、普段どおりに空気を入れるものではないです。

中には普段使いしている方もいるとは思うんですが、かなりしんどいので、どうしても近場にお店がなく「タイヤの空気圧も減りまくってる…!」ってときに使うぐらいでいいんじゃないかなーと思います。

「エアゲージ」はいらない

携帯ポンプって大体エアゲージが付いて無いのがほとんどなので、当初は「携帯ポンプで空気入れたときに、いつもどおりの空気圧まで入れられてるか不安…!」ってとき用に「GIYOのエアゲージ」を買いましたが、いまじゃもう持ち歩いてません。

パンクなんかの緊急時でも、携帯ポンプで「ある程度まで」空気を入れて、あとは「サイクルベースあさひ」まで走れれば、それでいいんです。

「サイクルベースあさひ」最高!

お守りに「バルブアダプター」を持ち歩く

「サイクルベースあさひ」や「スポーツバイクショップ」に立ち寄れるときに立ち寄って空気を入れておく、そして「携帯ポンプ」を持ち歩く。

これだけやっておけば、まあまあ安心なんですが、僕はもうひとつ「パナレーサーの仏式バルブアダプター」も持ち歩いています。

これは何かというと、「仏式バルブ」を「米式バルブ」に変換するアダプターです。

スポーツバイクのタイヤは、ほとんどが「仏式バルブ」なんですが、このアダプターを使って「米式バルブ」に切り替えれば、なんと「ガソリンスタンド」で空気を入れることができちゃうそうです。

できちゃうそうというのは、いつも持ち歩いているものの大体「サイクルベースあさひ」があるので、そこまで困ったことが無いから使ったことがないんですよね…!

ただ、「ガソリンスタンド」なら本当に全国どこにでもありますし、「もしも」のときを考えたらさらに安心なので、持ち歩いています。

試したことはありませんが、「スポーツバイクを取り扱ってない普通の自転車屋さん」で空気入れを借りたら「米式」だった…!なんてときにも、このアダプターで変換すればたぶん空気を入れることができると思います。

おしまい

こんな感じで、数日かけて自転車旅行をするときも、日本であればタイヤの空気について、それほど心配する必要はないんじゃないかなーと思います。

もしものときを考えて「携帯ポンプ」、さらに安心したいなら「バルブアダプター」を持ち歩いていれば、大丈夫なはず!

四国の自転車お遍路にいったときは20日で3回空気を入れたので、大体1週間に1回空気を入れていた感じになります。(平均1日60kmぐらいなので約420kmで1回)

キャンプ道具など20kgを自転車に積んでいたこともあり、ひさしぶりに空気を入れると7bar入れてたのが5barぐらいまで減っていて、「こんな減るの?!」と驚いたりしましたが、空気が減ることにそこまで過敏にならなくても「案外だいじょうぶだなー」と今では余裕を感じられるようになりました。

なにはともあれ、

「サイクルベースあさひ」わっしょい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました