Ankerの「モバイルバッテリーのリサイクル」に申し込んでみた

3年前に購入したAnkerのモバイルバッテリー「PowerCore Speed 10000」が壊れちゃったみたいで、充電できなくなっちゃいました。

充電しようとケーブルを挿し込んでも、ランプが点灯するものの充電が貯まらない…!

別のケーブルを使ってみたりしても駄目でした。

どうしようかなーと思いつつ、検索していたら「Anker」は使用済みのモバイルバッテリーを回収しているみたいなので、申し込んでみることにしました。

スポンサーリンク

さくっと回収までの流れ

  1. モバイルバッテリー回収の申し込みをする
  2. 「専用の回収用キット」の到着を待つ
  3. 専用キットに梱包する
  4. 郵便ポストに投函

Ankerの問い合わせフォームに必要事項を記入すると回収キットが送られてくるので、それにモバイルバッテリーを入れて返送する!

みたいな流れのようです。

簡単!

スポンサーリンク

詳しい回収までの流れ

1.「回収の申し込み」をする

Anker「問い合わせフォーム」より

ということで、実際にやってみました!

Anker公式の「リサイクルページ」から問い合わせフォームに飛んで、必要事項を記入。

「モバイルバッテリーが故障したのでリサイクルをお願いしたい」みたいなことを書いて送信しました。

2.Ankerから「メール」が来る

リサイクルの申し込みをして「2日後」にAnkerからのメールが来ました。

メールに返信する形で、こちらの住所などを伝えるみたいですね。

記載して送信!

3.ふたたびAnkerから「メール」が来る

メール送信した「1日後」にふたたびAnkerからメールが到着。

モバイルバッテリーの「回収キット」を伝えた住所に送って貰えるとのこと。

4.「回収キット」が届く

ということで、Ankerから「回収キット」が届きました!

こんな封筒でした。

Ankerの最後のメールから「5日後」に到着。メールには「3-4営業日でお届予定」ということだったので、概ね予定通りですね!

中には、こんな感じで「レターパックライトの封筒」と「メッセージカード」が入っていました。

メッセージカードはこんな感じ。

リサイクルではなく「製品不具合」って文言が入っていますが、保証期間内修理と同じ形式で送る感じなのかな?

5.「郵便ポスト」に投函

ということで、レターパックライトに「壊れたモバイルバッテリー」を入れて、郵便ポストに投函してきました。

楽ちん!

おしまい

こんな感じで、Ankerの「モバイルバッテリー回収」を利用してみました。

ちなみに、壊れたモバイルバッテリーを送った後、Ankerから「受け取った旨」など何か連絡が来るのかなーと思っていたのですが、「返信メールなどは無し」でした。

まあ、無料で回収してくれるだけでもありがたい!

Anker「リサイクル」ページより

ちなみにAnker公式 「リサイクル」ページ の一番下には、年度ごとに回収した「リチウムイオン電池の回収量」が載っています。

僕が送った「モバイルバッテリー分のリチウムイオン」もここに載ることになるのかなー…

普通にゴミで出すよりもリサイクルされる分、何だか良いことをしたような気にもなって、利用してよかったなーと思いました。

また手持ちのAnkerのモバイルバッテリーが壊れたら利用しようかなー

コメント

タイトルとURLをコピーしました